2009年、寅「さくらぁ。」 Feed

2009年12月 9日 (水)

53を永久欠番にしたってくれっ!

あのズレータの一打が無かったら・・・。

まだ思い出してもはらわた煮え繰り返る、福岡のあの場面。

不振にあえぐチーム、負傷も顧みず、ダイブした甲子園。
その闘志と、グラウンドを去る様子に声失なう。

おお、また泣けてきやがった。
悔しいなぁ。

2009年11月20日 (金)

2010年、寅年のとら。

阪神タイガースのユニフォームデザインが変わるでえ。
T-SHOPが現行ユニホームの掃きだしはじめよった。
安くはなってへんけど。

寅年で、しかも創設75周年やしね。

2009年11月 9日 (月)

桜の季節。

わがセレッソ大阪が来季のJ1昇格を決めてくれました。

1分に先制を決めたのを皮切りに、5-0の完封勝利。
スピード感あるオフェンス、
ほとんど危なっかしい展開もない、安定したディフェンス、
セレッソ創部以来最強布陣ではあるまいか。
ボールを奪われるたびにいつも冷や冷やしていた、
あのおんなじチームなんやろかとさえ思うくらい。

5点目を獲ったあと、投入された西澤に
ゴールをさせようと何かしら無理しりボールを送っているかのような雰囲気に、
一緒に観戦していた仲間に、
「アキ、このゲームで引退でもする気ちゃうか」と漏らしたのだが、
ほんまやったとは、ちょっと衝撃。
アキはこのあと何処へ行ってしまうのやろうか。
モリシとともにセレッソの後継者育成に残ってくれるやろか。

ゲーム前のモニターに歴代ミスターセレッソの映像。
久高友雄から始まって、感激して大声で彼の名前を叫んでしもた。
スタンドには以前とは見違えるくらい応援上手な若いコいっぱいやったけど、
こうして桜吹雪にCRZのジャージ着た僕みたいな世代の心、
わかってるやんけ、ここのフロント。( ̄ーÅ)

もうあかんで、おまえら。J2に落ちたら。
一番大っきいタイトル獲らな、まだ、
久高さんあってのいまのセレッソ、久高さんへの恩返しにならへんで!

あーよかった。また来年は大阪ダービーが観れる。
次元の違うとこ行ってもうた電気屋さんにも早う追いついて、
早いこと蹴落とさな。ほんまの「大阪」僕らが語る。

ところで。

昇格が近づいて、「桜満開」とかいう凱歌ができたみたいで、
モニターに流れる歌詞を目で追いながら歌うたのやけど、
♪桜~、桜~、桜~、
云うて歌うてると、どうもアタマのなかで、
ブログ旅の早希ちゃんと、相方の倫ちゃんばっかし浮かんでくるのよね。
まったくこの歓喜の中で、あはは。あーんたバカぁ。

もとい。さあ、J2優勝も獲るぞっ。

 

帰路の地下鉄。
桜吹雪のジャージも脱いで、控えめのつもりも長居に行ってきたのはバレバレの雰囲気。
向かいの席から冷ややかな目。
手にするケータイに下がってる金本のストラップ。
「マイナーなもんの応援なんかしやがって」と言わんばかりの目つき。
ふん、ええ根性しとるやんけ、このshinchayaに対して。

2009年10月29日 (木)

なんで獲ったかて?

そら、矢野が今季開幕に間に合うって条件で手術させたのに、
結局他の故障も併発して、前半戦にまったく戦力にならなかったことで、
万全の船出をしたかった真弓首脳陣の信用を失ったからでしょう。

年齢的にも、また故障しやすいだろうし、やってしまうと、また今季のように計算できない事態になると、
もうレッテルを貼られたからですわ。
おない年でも、金本ならこういう評価にならない。

あと、金本が4番の打撃ができなくなってきたことですね。

狩野には反骨心を期待してのことでしょう。

もうね、なんか、どうでもようなってしまいました。タイガースのことは。
移籍組大型選手の活躍不振にのみ、左右されるチームの浮沈。
5割切ってるのに、日本一目指せるシステム。
いまや金満補強の体質は讀賣よりウチのほう。

べつに余所も応援する気もないし、つまりプロ野球に何の魅力も感じへんのです。

2009年10月11日 (日)

えっと、な。

何はともあれ、個々の生活もかかってるやろし、
ファンへの贖罪のつもりで頑張らはったのやと思います。

もう済んでしもうたのやから、
来年のために、いまからしっかり準備してくださいな。
なんもかんも。


ほんでよ。

辻本なんかのことはどうでもええよって、
なんで小嶋は2回目のマウンドは無かったんか、
白仁田は?黒田は?
上園はなんで1回もチャンス無かったんか、

なんでよ?

2009年9月21日 (月)

給料前の大型連休なんか、知るかーウイーク。

セレッソは今季のJ2では、アタマひとつ抜けた戦力で
おおかた予想できましたが、昇格も優勝も少し現実味を帯びてきた感じですね。
昇格の経験はあっても、優勝はないので、たとえJ2であろうと、優勝していただきたいですね。
それでまた平行開催になる天皇杯にもよい結果をもたらしてほしい。
期待してます。

タイガースについてはねぇ。CSまで行けたとしても、・・・
あんまし余計なこと言わんをとこ。
でもちょっと縁起でもないですが、シーズンを3、4位あたりで終わると、
惜しかったなぁって、フロントが本気の補強をするのは確実。
讀賣は優勝が絶対の方針やから、2位でも1位でもしよるけどね。

そしたら真弓さんもさすがに自分の野球を嫌でも語れるようになるし、
今年はともかく来年は相当期待できる状況になりますよ、たぶん。(^^)    
そしたら今季のCSは適当に、って、
そらあきませんわね。みなさん。

2009年9月14日 (月)

甘っちょろい。

日曜日の結果で、タイガースはCS出場権のある3位に浮上した。

勝率5割届いてないねんし、全然喜べませんわ。
借金返済してから出ろよ、恥ずかしいから。

江夏さんと岡田さんの対談をまとめた本、読みました。

公式の掲示板にカキコしてるひとたちがよく嫌ってるお二人ですけどね。
あいにく僕には憧れの一位二位クラス。

自虐的だと笑うなら笑うてもうて結構。

他の多くのOBのように、ファンの顔色などうかがうこともせず、
すっぱり正論でやるほうがずっと愛がある。

お二人の話題にも出てきた。
真弓さんはどんな野球がしたいのやろか。
就任以来それについてはまったく語らず、
結局そういうの、あのひとにあらへんのやろか。

間違いなくチームが勝ちきれない理由がここにあるのは明白やないけ。

2009年8月 2日 (日)

調子よろしいのとちゃいますか。

たのんますわ、みなさん。
今月以降、しばらくはそんなカンジで。

最近は、野球も、阪神百貨店も、全然無関心になってますから。

2009年7月12日 (日)

85年戦士。

歳はとりたくないとか、口では言うてるひともおるけど、
誕生日は誰かてそれなりにうれしいのとちゃうやろか。

 

先週、バース・掛布・岡田バックスクリーン3連発トリオが
モルツ野球でそろい踏みしたらしくて、
今晩のニュースで被害者槇原氏のMCで、
ボード10枚ぶちぬきゲームなるものをやってた。
(じつは槇原は新庄にも敬遠球劇打されてはる)

専属の放送局でない場所での集合なせいか、
3人とも気さくそうな会話が印象的やった。
もともと不仲も何にもないと確か岡田さんの書いた本にもあったような。

新井にゴールデングラブ獲ってる一塁を
翌年に放棄させて三塁守らせることがそもそも不振の原因と
お約束の容赦ない岡田コメントに掛布ちゃんが困り顔してたのも面白かった。

掛布ちゃんも打撃論の本書いてるし
岡田さんともども理論的にぶちぬきに策を練る。

馬鹿にしてたのかなぁ。
あのとき、あの時期、タイガースは理論派の好打者、監督が牽引してたのね。
そういうひとが関西球団にはいてないとか、似合わないとか、
勝手に僕らが思うてきただけか。

 

12日に借金12で、自力優勝の可能性消滅。
宿敵讀賣に恥辱の競り負けの3連戦。

たとえ名店のバースデーケーキを出されたとしても、
美味しくないやろなぁ、真弓さん。

2009年6月 7日 (日)

6/6、「関西対決」の甲子園。

甲子園にいってきました。

 

ほんまはね、シーズン前にBsが阪急か近鉄のユニフォーム着てくれるとかいう
ウワサがあったから、ほんならとどうにかチケットとったんですけどね。
結局この交流戦、Bsは通常のユニフォームでした。

来年が前身の近鉄球団としては60周年、阪急球団としては2011年が75周年、
オリックス球団としてはとか、ブルーウェーブになった年とか、
この球団の歴史は複雑やけど、また来年以降に期待、できるんかなぁ?

 

ただこのBs球団は、
大阪近鉄の頃に対戦カードにあわせた「対決Tシャツ」売ってたせいか
交流戦初年度は各球団がMLBの例にあやかって、
こぞって販売してた「対戦グッズ」を、ことタイガース戦に関しては
「関西対決」をかかげて、ときどきグッズをリリースするのですが、

ことしはスカイマークでは見かけなかったのやけど、
この甲子園のタイガースショップにTシャツ出ていたので
ダービーマッチが好きな僕としては即買いしてしまいました。

あと7,000本塁打記念もね。あのゲーム、特別な思いがあるので。

 

この日もまた外野席やったんですけどね。内野の券がとれなかっただけなんですけど。

Bs応援席が通路はさんですぐ隣で。
基本、総立ちで、生声で、たいしたもんですね。
近鉄とオリックスのファンが混じって、
近鉄のアグレッシブさと、ブルーウェーブ以来のグッズの気取った雰囲気が
ちゃんぽんになってて、わがタイガースによってもたらされた
パの在阪球団の不遇に対する反骨心の拠りどころと申しますか。

Bsの応援も、Jや、たぶんいまや
ほとんどタイガース以外の球団には当たり前と化した応援スタイルですが、
タイガースはこういう応援、絶対できないんじゃないかなと
最近思うようになりました。

まず、ファンの人数が違いすぎるんですよね。
他球団のファンはこぞってチームのホームから夜行バスやらでやってきて、
こんなふうにスタンドの一角で徒党を組んで声をあげてるんですよね。

タイガースの場合、どこいってもタイガースファンのほうが多いですから。
こっちから駆けつけてもこうはならない。
でも、この僕らが応援バット捨てて、応援スタイル替えたら、
それは地球的にもの凄いものになるだろうから、ちょっと見てみたい気がするんですけどね。

あと、歴史が古くて、高齢なファンの方の観戦もあって、
球団にも讀賣球団以上にその自覚があって、
トラのマークも球団旗もタテジマもずーっと変えないし、
そんなチームの応援はじいちゃんばあちゃんから、幼稚園に上がる前のお子までが、
みんなついていける応援でないと、そら無理やろって思います。

あとね、おんなじ地元のBsやら、Jのチームにも見られない、
ほんまにタイガースのファンだけに見られる、奇妙な格好して来場するヤツね。
応援ユニですらかわいいほうで、老若男女、
タイガーマスク被ってたり、販売既製品じゃなくてお手製の、
ヌイグルミやらいっぱい縫い付けた帽子かぶってるとか、
トラの着ぐるみきてるとか、
とび職の履くようなパンツにトラマークはいってるのとか、
しかも着たまんま自宅と往復する、その異常としかいいようのない神経。

まあ、あれでイマ風の応援、想定してないから生まれた文化みたいなもんですよね。

僕も近いことしてた時期ありましたが、ほんま大概にしはったほうがええと思いますけど。

 

それとついでな話ですけど、新型インフルエンザ懸念での風船上げなし、
僕はやっぱし爽やかでよかったですけどね。
あれ、風船膨らますのにみんな観戦無視するのが嫌でね。

トラッキーが懐かしいスイカ帽姿で出てきました。
昔も思うたけど、スイカ帽、縞多すぎるって。

 

さて長々と余談たれてしまいましたが、ゲームですが、
つまりはブラゼル獲得の効果なんでしょうね。

ブラゼルが初日から期待通りの働きをしてくれるおかげで、
他の選手に自分が打たなきゃ、なんとかしなきゃのストレスがとれて、
気軽にポカスカ打てちゃうようになったんでしょうね。

残念ながら今岡は、なんかもう諦めちゃってたのか、覇気がなくて、
あれでも前は選手会長で、球団記録の安打叩き出してるがゆえに
チームの士気も下げてしまってた気がしますね。
どうすんのかなぁ。僕の感覚やと「転職」の時期とうに迎えてるかなぁ。

 

そういえば先々週のスポーツ紙の見出し、

「真弓、ブラとれ」

笑いました。ヾ(⌒▽⌒ )ノ彡☆ばんばん!

 

真弓野球って何なんでしょうね。
ただ、福原のような再起かかってるのとか、狩野のような新しいほうの顔が
スタメンでやってけるようにするのも大きなひとつ。

でも、そんなのは監督ならみんな考えてることやし、
これぞ真弓野球というのは、どうかと思いますけどね。

観戦客が戻ってきた阪神百貨店のタイガースショップでは
店員の「福原」さんが忙しそうでした。(^^)

 

Namabanner_sakanasan_2 ところで、この日球場開門前に「関どコ猛虎会。」仲間のさかなさんとその家族に、50周年のトラ像前で、生初対面しました。

5時間かけて越前福井の国からお越しになられての大旅行でしたが、大勝ちのゲームでほんまによかったですね。

猛虎会。で対面したのはお二人目。

甲子園に来るのはもうええかなぁと、昨年は書いてましたけど、自分の手元から旅立っていったわが稚拙なデザインの生バナーにこうして球場周辺で、着用のご本人とともに出会える喜び。

だってそのためにつくった生バナーですもんね。
また次の出会いや再会を願って、やっぱしそのためには甲子園や球場通いはしたいなぁと思いました。

フォトアルバム

早希ちゃん、がんばれっ。

  • ロケみつ 稲垣早希のヨーロッパ横断ブログ旅

関どコ猛虎会。

Cereza関どコ。

ピラティスをはじめよう

認められたい。

twitteます。

Powered by Six Apart
Member since 07/2008