« もみじの永観堂。 | メイン | 「Googleさんのいいなり」するのがWeb屋ですか? »

2012年11月29日 (木)

これからのSEOって。

ここのところ立て続けにSEOのお仕事をされている方々のお話を聞ける機会がありました。

 

拙筆ながらそのお話の数々をうけて、私が思うところを絡めて書いておこうと思います。

 

SEOに関しては、検索で「強制的に上位表示させる」の施策で、
とくに営業やディレクションをしないデザイナーやコーダーは、
上位表示したいと思ってるクライアントさまだけの話で、自分には直接関係ない話だとか、
アコギなことをするクライアント様だとかさえ、思ってたりはしませんか。

 

じつは、これからはそういう認識では通用しないのです。

 

今年、Googleは「パンダアップデート」、「ペンギンアップデート」という
検索エンジンアルゴリズムのアップデートを実施しました。

 

なぜパンダやらペンギンやらは、彼らの体色から「白黒つける」という意味なのだそうですが、
(ほんまかいな?)

 

「パンダアップデート」はサイト自体のクオリティを評価し、
「ペンギンアップデート」は外部リンクを評価するという内容です。

 

「ペンギンアップデート」で、無関連なサイトとの相互リンクによる上位牽引をするようなサービスは葬り去られることになり、
その他きな臭い感じのする外部サービスはみんな、お先真っ暗といった感じです。

 

しかし「パンダアップデート」のほうが唱えている、サイト自体のクオリティ評価は、
上位牽引の施策を睨まれるだけでなく、とくに意識しないで作ってきたホームページも、
これまではなんとなく居れた検索結果のポジションにすら居れなくなって落ちてしまう可能性もあるのです。

 

だから営業やディレクションをしないデザイナーやコーダーも、意識する必要があります。

 

何か極めて難しいことを求められているわけではないのです。
まずは、より正しいコーディングをして、至極当然なディレクトリを組むということ。

 

いまやどこの制作会社も個人も、制作物には何らかの内部SEOをしているでしょうから、
いま一度、制作テンプレートなどを見直すべきでしょう。

 

基本的な内部SEOはコーディングの基本、コーディングの一部になってしまったのです。

 

また、クライアント様や制作サイドはビックキーワードでサイトのトップページがGoogleに上位表示されたら、この仕事は成功だったとか、
とくにSEOをサービスにしていないのに、上位表示されないと制作サイドがクライアント様からの評価を下げるとか、
そういう次元の話もお互いに脱する必要があります。

 

ビックキーワードでサイトのトップページがアクセスされても、
要件の絞り込みがないユーザーの購買意欲はまだ全く低く、
たくさんのお客様がお店の前まで来てもらっても、ショーウィンドウも見るか見ないかで引き返していくようなもので、
一喜一憂などしててもあんまり意味が無いかも知れません。

 

また自身の検索行為に照らせば、ホームページはトップページから見られているわけでないことはわかりますし、
すぐ答えがほしくて検索してたどってくるユーザーにさらに2度めのクリックは、果たしてどのくらいあるでしょうか。

 

ビックキーワードで大手やライバル会社との真っ向勝負にエネルギーを使うよりは、
他社にない自社の特色などを際立たせて、そのニーズで絞り込んで集まってくるユーザーを
確実に顧客化することのほうがとても大事なのではないかと思います。

となれば、クライアント様がどんなキーワードで上位表示させたいかは、
SEOが制作サイドの独自判断やら、小手先のテクニックでどうにかなるものではなく、
クライアント様と制作サイドがともに取り組まないといけないということでしょう。

いずれにしても、SEOはもう曖昧にしておけなくなったのは事実ですね。

フォトアルバム

早希ちゃん、がんばれっ。

  • ロケみつ 稲垣早希のヨーロッパ横断ブログ旅

関どコ猛虎会。

Cereza関どコ。

ピラティスをはじめよう

認められたい。

twitteます。

Powered by Six Apart
Member since 07/2008