« 2012年12月 | メイン | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月27日 (日)

「Ted」、観てきました。

友達のいない8歳の男の子がクリスマスプレゼントのくまのぬいぐるみに、
なんでも話せる友達になってほしいと願いをかけて眠った翌朝、
そのくまのぬいぐるみが命を宿して、彼と親友になり幸せに暮らしましたとさ。

という、ファンタジーな童話ではなく。

酒もタバコもするようになった27年後のストーリー。

そんなわけで、くまちゃんのぬいぐるみが活躍するのに、R-15指定です。笑

不自然さのない、巧みなくまのCGも魅力ですが、

注目は1980年代のSF映画ブームの中で駄作扱いされた「フラッシュゴードン」の主人公が本人役で出てきて、その作品にオマージュしているところ。

作品を知らなくても面白いですが、観ているひとにはたまらない展開でしょうね。

「フラッシュゴードン」はアメリカで原作ではかなりの人気SF物語で、

ジョージ・ルーカスが映画化を申し出たのですが、作者サイドがもったいつけて断り、仕方なくルーカスがオリジナルでつくった作品があの「スターウォーズ」というのは、ルーカス本人も認める話。

「スターウォーズ」人気に万を辞しての映画化の「フラッシュゴードン」は
資金力のなさに、演技力のなさで、「スターウォーズ」の二番煎じの駄作扱い。

しかも「フラッシュゴードン」より先に、エロチックなパロディ「フレッシュゴードン」が他者に先行制作、日本にも先にやってきていました。

だから観ているひとはかなりコアだと思いますが…笑
でも、この作品を観ているのならTedは主人公たち30代半ばよりは、僕とか40代半ばから50代世代。
アラフィフが一番楽しめるんじゃないでしょうか。

生きているくまのぬいぐるみと主人公がやりとりする映画作品は、かつて日本でも小中和哉が「くまちゃん」を撮っていて、この作品も大人なストーリーでしたが、

Tedみたいなジャンクには作れないのはやっぱり日本だからですね。

2013年1月 4日 (金)

出町妙音弁財天。

弁天さんのお使いは蛇なのだそうで、
巳年の初詣としては弁天さんにもお詣りしておきたいと思い立ち、
下鴨神社に程近い、京都・出町の妙音弁財天神社を訪ねました。

日本では財運の徳が重ねられて、「弁財天」と字が当てられることが多いですが、
本来は才能をつかさどる神様、「弁才天」です。

水の神様で、おそらく泉や滝や川のせせらぎのきらめきや音から、
音楽をはじめ学芸に徳があるとされたのようで、妙音弁財天神社の裏手には
妙音天(弁才天と同一神される)も祀られています。

この弁天様はもともとは貴族・西園寺家の家中で祀られてきたもので、
明治の遷都で、出町にあった西園寺家とともに一度東京に移されたものの、
出町の信徒衆に請われて、この地に弁天様が還されたのだそうです。

Img_0103

ここ、入口は鳥居があるのだけれど、礼拝するお堂には真言を唱えるよう書いてあるので、
二礼二拍手一礼すべきなのか、合掌礼拝すべきなのか、悩ましいところです。
どっちでもいいみたい。

Img_0093Img_0094Img_0095Img_0096

お堂の中と外の軒下には近代現代和洋さまざまな蛇の絵や瓦が飾ってあるのが
芸事の神様らしく懐深い感じです。

Img_0097

妙音天を祀る境内奥の白い六角堂は歳の数だけ周回すれば徳があるというので、

で、≡≡≡ヘ(*--)ノ

Img_0098Img_0099

で?。。゛(ノ><)ゝ

Img_0100Img_0101Img_0102_2

48回まわりました。(_ _;)…

仏教には「四十八願」という言葉もあるらしいし、徳ありそうで。

でもそれなりに、48回も願いごと意識して周回すれば、心に期するものもありました。

頑張りますよ、年男は。

2013年1月 2日 (水)

謹賀新年。2013。

みなさま、新年あけました。
今年も、今年こそ、良い年にしましょう。

さて毎年、干支ゆかりの社寺への初詣ですが、
今回は奈良・桜井の大神神社(三輪明神)に詣でました。

三輪さんにはわが家は子供の頃は常の初詣先としていて、
自分の干支が巳とわかってからは、とくに思い入れが深く、
絵を描いて、小学校の文集の表紙を飾ることもありました。
その後も年男を迎えれば、詣でる約束にしてきました。

大鳥居をくぐれば深い森になり、その奥に山を御神体とした拝殿があるという、
皇族が大王(おおきみ)族としてこの地に最初の本拠を置いた古代と基本的に変わらない、
まさに自然神というか、お伊勢さんのそれとはまた違った神代に通ずるような神々しさがあります。

ただ、久しぶりに来てみると、高齢者対策なのか、石段やスロープが整備されて、
現代的な雰囲気がちょっとなんか残念なところも少なくありませんね。

最近は「なでうさぎ」なるものも人気で、像の前に長蛇の列ですが、
そもそもこのうさぎさんは「うさぎとかめ」のお話にちなんだ意匠の大燈籠が
参道にあったのが解体され、燈籠の屋根にあったうさぎが社殿内で
一部の氏子さんや参詣者にだけ愛でられていたのが、近年表に出されたものなのだそうです。
(宝物館に燈籠の火袋の下にあったというカメが置かれていましたが、こっちはなぜかうさぎの耳があって、顔がかなりこわかった・・・)

知られていませんが、三輪さんの神事は卯の日卯の刻に行われるならわしもあり、
じつは三輪さんは卯の神様でもあるのだとか。

でも三輪さんと巳の縁は「巳の神杉」のみならず、逸話や古文書にもあるとおりです。

余談ですが、宝物館の展示によると、
卑弥呼の正体との説が有力な倭迹迹日百襲媛命(やまとととひももそのひめのみこと)は毎夜夜バイにくる麗しき男性の正体を三輪の大蛇と知って、彼にふられたショックで箸で大事なトコを突いて死んだから、その墓は「箸墓古墳」と言われるとか、

玉依姫命(たまよりひめのみこと)の神話では結婚した夫の正体が知りたくて、袖に糸を通した針を刺して、その後を追ってみたら、三輪山で大蛇に姿を変えていたとか。

また、別の神話では玉依姫命を見そめた、三輪のご祭神、大物主命が、
彼女がトイレに入ったときに、丹塗り(朱塗り)の矢に姿を変えて、排水溝の上流から入って、
これもまた女性の大事なトコを突いて、それで玉依姫命が新たな神なる子を授かったとかで、

じつは玉依姫命は昨年中、二度詣でた下鴨神社のご祭神で、
社のご由緒書にはもう少しぼかしてこの話を書いてありましたが、この伝説に基づいて、
下鴨神社の福矢(破魔矢)は丹塗り(朱塗り)の矢で、とくに子授けの徳があるとされています。

やっぱし蛇だけに、なんとも好色な感じで、なんともですね・・・。(-"-;

詣でたあとは、大鳥居の辻を入ったところの森正で、おそうめん。

子供の頃から連れてきてもらっていましたが、
にゅうめん1杯にしてはちょっとええ値段・・・

竹の器の突き出しの、黒豆が好きで、
昔はなかった土産売りになっていたので、買い求めました。

やっぱり、ちょっとええ値段・・・

フォトアルバム

早希ちゃん、がんばれっ。

  • ロケみつ 稲垣早希のヨーロッパ横断ブログ旅

関どコ猛虎会。

Cereza関どコ。

ピラティスをはじめよう

認められたい。

twitteます。

Powered by Six Apart
Member since 07/2008