« iPhoneの「メール」にGmailを設定する | メイン | グランフロント大阪に行ってきました。 »

2013年3月 9日 (土)

静岡みやげの新「茶」っ

伊右衛門が綾鷹を目の敵にして
「急須のお茶に足りないのはなんたら、かんたら・・・」
というCMをやってる。

長らく日本茶(緑茶)飲料に関しては、伊藤園「おーいお茶」とサントリー「伊右衛門」の一騎打ちで、

それをキリン「生茶」が追いかけて、
JT「辻利」は個人的には好きなのだが、さすがにスーパー、コンビニでの販路が弱くてイマイチ。

コカコーラは日本茶に関しては何度もブランド名を変えて挑戦するも、
完全に箸にも棒にもかからなかったのが、「綾鷹」を得て、
少し少量で値段高めでお高くとまっていたのが、現在の価格帯に下がってから、
ようやく様子が変わってきたようなのだが、

まだまだ伊右衛門のほうが綾鷹より売れてるような印象だけど、
ともに京都の老舗の冠を背負ってるので、メンツ争いなんやろな。

京都だ宇治だと銘打てば、茶を使ったお菓子やらなんでも
本格的で旨そうな感じになるけれど、 お茶の産地でいえば、静岡のほうが作付面積といい、
スケールは倍くらい違う。

京都・宇治は平安京の歴史とともにあって、
静岡は江戸幕府が倒れて、ちょんまげと刀を失った武士(士族)のために、
明治新政府が茶づくりを奨励したことに始まる。

以前にも書いたが、
「静岡茶」はその時代から純粋に静岡県産のお茶の総称で今日まできているが、

京都の「宇治茶」も、いまでこそ京都府内の茶に限った名前にしようとしているが、

じつは茶商が京都以外の隣県からの茶葉も組み合わせて、
味を追求してきた歴史がある。

現実、宇治茶の名産地、京都の和束町近辺と大和茶の月ヶ瀬は
同じ山の北と南の位置関係で、
いまでこそ、奈良県が県産品として大和茶をアピールするようになったが、
この生育環境で区別しきってやろうというのが、無理な話。

 

 

で、ちょっと話はそれたが、

静岡のお茶の挑戦みたいなものを見つけた。

 

 

・・・って、ほどのものかな?笑

 

 

なんばの道具屋筋にある物産品を取り扱うお店の「地サイダー」のコーナーにあった

静岡県の「しずおかコーラ」、「お茶らむね」なるものが、

お茶屋の息子としては無関心ではおれなかったので買って帰ってきた。

Img_0188

ともに静岡の木村飲料というメーカーの商品で、
たまたまだけれど、スーパーの「ライフ」などでハウスブランドの炭酸ウォーターなどを製造してる会社だということがわかった。

茶業関連の会社というわけではないみたい。

 

 

飲んでみた。

しずおかコーラ

Img_0189

 

 

グラスに注ぐ。コーラによくあるような匂い。
茶香がわからない。

Img_0190

 

 

小さめの白磁の腕に注いでみる。
ガラスではちょうどいいように見えているが、着色された不自然な青さが際立つ。

Img_0191

 

 

静岡茶はその代表である深蒸し茶の濃い緑色が印象的で、これを表現するための苦心ではあると思う。
茶香はまだわからない。

瓶口では、嗅いでみると、茶香がしているようだ。
味もお茶らしい苦渋味が全然ない。単にウケ狙いで、かつ子どもでも残さず飲みきれる味にしているだけのものかな。
かなり残念なレベル。

 

 

 

お茶らむね

Img_0193

 

 

自然なお茶の黄緑色は白磁の腕に注いでみてもそのままで、瓶口で感じる茶香は鮮明。

Img_0194

 

 

甘さにお茶らしい苦渋味も感じる、東南アジアの砂糖入りの緑茶に似た味わい。
飲んだあともラムネを飲んだあとの口に残る甘さがお茶で一掃されて、何も残らない。
なかなかええやん。

さすがに地元の人がすすめるような、また繰り返し飲みたいクオリティではないが、
静岡土産としては、たとえば京都の八ッ橋にはほど遠いけど、大阪のたこ焼き味のお菓子くらいの話題とそこそこの満足が引き出せる商品かな。

フォトアルバム

早希ちゃん、がんばれっ。

  • ロケみつ 稲垣早希のヨーロッパ横断ブログ旅

関どコ猛虎会。

Cereza関どコ。

ピラティスをはじめよう

認められたい。

twitteます。

Powered by Six Apart
Member since 07/2008