« 静岡みやげの新「茶」っ | メイン | スカを食らう。 »

2013年4月27日 (土)

グランフロント大阪に行ってきました。

東京ではそれこそ六本木ヒルズから始まって、お台場、
最近は東京駅、東京スカイツリーといったような街規模のゾーン開発は
少なくなくそう珍しいものではないかもしれませんが、
大阪は歴史的に東京よりも先に都市機能を備えた場所で、
地下鉄路線図を見てもわかるように京都と同様に縦横の通りに仕切られた構造になっていて、
(それは豊臣秀吉が大坂城を内裏(御所)に見立てて、北から南ではなく、東から海のある西方向に区画したという話も聞いたことがありますが…だから通りと筋の東西南北が逆?)

 

ゆえに中心街区ほど、キタやミナミ、あべの天王寺など
百貨店や鉄道を中心としたナワバリのような場所はむしろ大きく変えられなくなっていて、
グランフロントは大阪市内過去最大級の目玉開発でした。

 

それだけに大阪市民としても心躍るものがあります。

 

北館はおもに関西系企業や大学の先端技術を紹介するショールーム群と、
住まい、家そのものや家具、生活にかかわる大きめの製品を扱うショップ、
ワインやサントリー直営のウイスキーのミュージアム&ショップ、
近畿大学水産学部研究の鮮魚が食せたりする学究的なお店をはじめとする飲食フロアがありました。

 

Img_0333南館はショップとグルメの集積で関西初出店のお店が大半を占める様相でした。
建物のスケールとモールの華やかさはまさにバブルの頃を思わせる感じで、偶然とはいえアベノミクスのこの時期に相まったのは絶好のタイミング、絶好の追い風になっているような気がします。

 

バブルの頃に学生してて服に興味をもって服飾関係に就職したその頃の気持ちを久々に掻きたてられて、いろいろ買いたいなぁ~という気分にさせられました。
・・・何も買えなくて悔しいけど。

 

またそれぞれのビルの上層はオフィスフロアになっていて、
インターコンチネンタルホテルも招致されています。

 

阪神阪急をはじめ実績のある民間企業によるものはともかく
それ以外の、たとえば大阪ビジネスパークのIMPや官主導の関西空港、
ミナミの中心からそう離れていないクリスタ長堀など、ことごとく、
早々に廃れているし、阪神阪急でも西梅田方面の開発ではほぼ失敗しています。

グランフロント大阪はJR大阪駅の北側。
大阪から梅田を経由して京都や神戸に向かう人たちはやっぱり阪神や阪急を使います。
(近鉄と阪神が連絡して、僕の住むあたりから南のほうの人は神戸方面に行くには梅田へも行かなくなってそうですが)
この電車賃の差、バカにならんのです。

 

魅力ある新街区ですが、そうはいってもいまの物見遊山がおさまれば、
一昨年にここに直結する部分である大阪駅の大規模リニューアルで出店した伊勢丹やルクアも消費者の足が遠のき、阪急百貨店のリニューアル完成でさらに大きな打撃を受けていますし、

ヨドバシのような少し面倒なところにあっても「行かざるを得ない」、
電化製品はここで買うのが当たり前みたいな特異な存在になれるのなら良し、

現地では物販もない大箱のショールーム、多数入居している雑貨店は
とくに景気ありきです。

 

でもショールームでその技術を商材に大きな契約を、
消費者、企業間、さらに海を超えてまとめられる、
そういうビジネスが成り立たなくては大阪も関西も日本も景気は良くならない。

グランフロント大阪は大阪市も関与していますが、
南館はこれまでにはない、魅力的なモールになっていますし、
「百貨店」が銘店をかき集めて商売する時代も終わったようにすら感じます。

 

入居するお店や事業者がみんな頑張って、大阪駅の北側まで人をひきつける、
そういうな場所でありつづけてほしいとは思います。

Img_0334_2

フォトアルバム

早希ちゃん、がんばれっ。

  • ロケみつ 稲垣早希のヨーロッパ横断ブログ旅

関どコ猛虎会。

Cereza関どコ。

ピラティスをはじめよう

認められたい。

twitteます。

Powered by Six Apart
Member since 07/2008