み茶ったもん。 Feed

2013年1月27日 (日)

「Ted」、観てきました。

友達のいない8歳の男の子がクリスマスプレゼントのくまのぬいぐるみに、
なんでも話せる友達になってほしいと願いをかけて眠った翌朝、
そのくまのぬいぐるみが命を宿して、彼と親友になり幸せに暮らしましたとさ。

という、ファンタジーな童話ではなく。

酒もタバコもするようになった27年後のストーリー。

そんなわけで、くまちゃんのぬいぐるみが活躍するのに、R-15指定です。笑

不自然さのない、巧みなくまのCGも魅力ですが、

注目は1980年代のSF映画ブームの中で駄作扱いされた「フラッシュゴードン」の主人公が本人役で出てきて、その作品にオマージュしているところ。

作品を知らなくても面白いですが、観ているひとにはたまらない展開でしょうね。

「フラッシュゴードン」はアメリカで原作ではかなりの人気SF物語で、

ジョージ・ルーカスが映画化を申し出たのですが、作者サイドがもったいつけて断り、仕方なくルーカスがオリジナルでつくった作品があの「スターウォーズ」というのは、ルーカス本人も認める話。

「スターウォーズ」人気に万を辞しての映画化の「フラッシュゴードン」は
資金力のなさに、演技力のなさで、「スターウォーズ」の二番煎じの駄作扱い。

しかも「フラッシュゴードン」より先に、エロチックなパロディ「フレッシュゴードン」が他者に先行制作、日本にも先にやってきていました。

だから観ているひとはかなりコアだと思いますが…笑
でも、この作品を観ているのならTedは主人公たち30代半ばよりは、僕とか40代半ばから50代世代。
アラフィフが一番楽しめるんじゃないでしょうか。

生きているくまのぬいぐるみと主人公がやりとりする映画作品は、かつて日本でも小中和哉が「くまちゃん」を撮っていて、この作品も大人なストーリーでしたが、

Tedみたいなジャンクには作れないのはやっぱり日本だからですね。

2012年10月 8日 (月)

「くろねこルーシー」、観てきました。 @kuroneko_lucy

映画「くろねこルーシー」&舞台挨拶に行ってきました。

今年のお正月から春にかけてTVで放送されていた動物連続ドラマシリーズの
スターウォーズでいうところの「エピソード1」みたいな位置づけの作品です。

TVドラマは失業した30になる青年が双子の黒猫を母から預かったのをきっかけに、亡くなった父への軽蔑の念を塗り替え、父の職業であった占い師になり、
自らも子をもつ親となるというドラマで、

見返すたびになぜか僕も亡くなった親父のことが思い返され、
最終回には主人公といっしょにTVの前で泣いてしまう、そういう作品で、
とても気に入ってました。

今回公開された映画は、その父親が主人公で、
苦手だった黒猫を飼うハメになり、だんだん情を育んでいくうちに、
占いの仕事が軌道にのり、別居していた妻子とも和解して幸せになるというストーリーです。

TV版同様、どこにでもありそうな話です。大どんでん返しもありません。

不幸の兆しと思っていた黒猫が、飼ってみると愛おしくて、
不幸どころか、運も上向いてきたりする。

そんなちょっとした「きっかけ」で、人生ってかわるんだよ。
いまあんまりよくないと思っている人も、
固定観念みたいなものを捨てれば、ちょっと視点を変えれば、
それだけで運が開けるかもしれないよ。

そういうメッセージの、ほのぼのとした映画です。


上映後の舞台挨拶の質問タイムで、マイク持たせてもらいました。笑

亀井監督が「ドラマをほぼ撮り終えたくらいから、映画を撮り始めています」とおしえてくださいました。

塚っちゃんは「TVにも映画にも出てくるおなじ下町のシーンとかはまとめて撮ったりしました」って言ってました。


追伸。
TVドラマ版ときっちり連動してるかって、いうとじつはそうではなくて、
TVのほうを観てからご覧になるかたは、自分の心の中でちょっとチューニングして観ないと、いけないかな。

追々伸。
AMGさん。招待券もフォーチュンストラップも全部当選にしてくださって、ありがとう。

2011年5月30日 (月)

#pt_movie 「プリンセス トヨトミ」観てきました。

JR大阪駅階上に出来た、大阪ステーションシネマで観てきました。
スタッフが黒のスーツでびしっと決めて、ホテルのロビーを彷彿させる、
高級なイメージで、なかなか素敵です。

チケット購入時にメンバーズ入会が通常観賞料金内でできてしまうことを
ちゃんと説明してくれなかったのが、ちょっと減点ですけどね。
観賞後の入会手続きすると損するようになっている。怒

さて、映画についてですが、
2年前に原作を読んだ時に、この作品はスケールがでかくて、
映像化するなら映画しかないだろうと言ってたのですが、
期待通り、かそれ以上のものになってくれてて、うれしいなあ。

しかもTVドラマ「鹿男あをによし」のスタッフが結集して
つくってくれたので、もう言うことありません。
またも原作上の男性キャラが綾瀬はるかちゃんに変わって、
万城目ワールドにまたまた不思議ちゃんのトッピングです。

さらにTV「鹿男」を観たひとには、観てほしい、
鹿男の小川先生役だった玉木宏さんが別役で出てくるところではなく、
ある人が、この人は「鹿男」に出てくる同一人物としてあっ!と一瞬、再登場。
2つの世界はつながっているという演出を、「鹿男」ファンにだけ見せてくれます。(^^)

これは原作小説でもおんなじなんですけどね。(アレンジされていますが。)

「鴨川ホルモー&ホルモー六景」と「鹿男」もつながっているんですが、
映画化した「鴨川ホルモー」は制作も配給も違うので、
こっちの繋がりエピソード部分のほうは永遠に日の目を見ることはないのかなぁ・・・

他府県のひとたちから見れば、いや私たち大阪生まれの人間から見ても、
大阪ならこんなことがあっても何の不思議はない。
まさにそんな馬鹿馬鹿しいことを本気の本気の映像にした作品です。

春に「さらば愛しの大統領」というよしもと作品がありましたが、
あの作品も大阪ならこんなことやりかねないと思わせる内容で、
しかも偶然でしょうか、クライマックスが同じような状況になるのは・・・。

「阪急電車」は兵庫・阪神間のおすましして、でも地元の人には普通の日常。
僕も大学の4年間はその周辺を往き来の生活でどこか懐かしいけれど、
でも大阪人としては「プリンセス トヨトミ」の世界観は、
馬鹿馬鹿しさも含めて、同感、これこれって感じです。

僕、親父がもういないので、正式な大阪国民です。

祖父は親父が若いころに急逝し、僕も親父と死に別れて、
わが家ではもうずっとあの場所へ連れて行ってもらうことが忘れられているのかも・・・なんてね。

大阪生まれの人、大阪育ちの人、大阪に住まいする人、
「鹿男あをによし」好きだった人、
是非、観てください。おすすめです。

2011年4月24日 (日)

#hankyudensha 「阪急電車」とその舞台、みてきました。

職場の仲間はみんな「GANTZ」のほうが観たいらしいんですけどね。

阪急沿線の大学出身者としては迷わず「阪急電車」でした。

原作も先に読んでてとても気持ちのよいストーリーでしたが、
映画もどうして脚色されながらも原作の印象をまったく損ねない仕上がりで
端折られた感じもなく、上映時間の短さも感じない。

僕の中では登場する役者さんも原作の印象にみんな合っていました。
ほとんどみんな関西の役者さんで、これだけの顔ぶれが揃うんですね。

芦田愛菜ちゃんは最近あらゆるドラマにひっぱりだこで、
個人的には少し鼻につくイメージをもっていましたが、
じつはもとも兵庫県のお子だそうで、劇中の関西言葉での演技は
なんともかあいらしくて、見直してしまいました。

映画を観終わったあとに、さっそく今津線に乗ってきました。
車窓から原作に出てくる武庫川の中州の「生」の文字も見ましたが、
映画になかったこの部分はスピンオフでauの携帯ドラマになっているのだそうで、
是非DVD化するときは追加収録してほしく思います。

物語で重要な「小林」にも行って、ツバメの巣も確認してきました。

昭和の早い頃から、大阪の会社の社長家族の住まうところとして拓かれ、
甲東園を中心に学生たちが往き来、住まいする今津線沿線は
京都市街同様に、多様な世代の人の生き様と関わりがあり、ドラマが生まれやすいですね。
京都の先祖からの格式のある家に生きるご年配と自由な学生たちとの世界とは
また違った味わいがありますけどね。

さて、映画公開に合わせて、神戸高速・阪急・大阪地下鉄・南海に、
中吊り広告が出ていて、戸田恵梨香ちゃん演じる「ミサ」のその後のストーリーが掲出されています。

運よくすべて通して読める機会があったのですが、
つまり相武紗季ちゃん演じる「マユミ」の、あのお兄ちゃんと、ナニなんすか・・・。
うーん・・・

2011年2月28日 (月)

#movie_joe 「あしたのジョー」みてきました。

スーパースローとVFXを駆使し、マジなドツきあいに減量。
セットのつくりこみも含めて極めてリアルで丁寧な映像でよくできた作品でしたが、
山下君のジョーが寡黙で僕はちょっと違和感を覚えました。
彼のイメージ守ったのか、やっぱり脚本が女性だからかなあ。

ジョーって原作では冒頭、葉子に詐欺はたらいて少年院送りになるし、
お金持ちや体制に抵抗する、よくも悪くもクレバーで
なんせお調子者で愛想よくよくしゃべるイメージですよね。
それが昭和庶民のヒーローらしくて、ちばてつやさんの番長もののであったり、
青春ドラマなんかにも通ずるところかなあと思うんですね。

そういうところ山Pジョーは寡黙だったので、クレバーなのかそうでないのか、
今回の作品ではよくわからなかった。
2時間半の制約で内容がかなり駆け足なのも原因かもしれません。

伊勢谷くんの力石はなかなか迫真もので、主人公ジョーは圧倒されてた感じ。

終わり方からカーロスや金、ホセまでのストーリーも続きそうな雰囲気だけど、
となると、今回は出てこなかった紀ちゃんはどうしても要るけど、どうするのかなあ。
葉子と紀ちゃんはうりふたつという設定だったから、
香里奈ちゃんが二役するのかなぁ。

2011年1月18日 (火)

#sn140 「ソーシャル・ネットワーク」、観てきました。

なんでも賞を4つも獲って「全米大ヒット」らしいのだけれど、

正直、薄っぺらい作品に思えました。

僕もWeb屋の仕事こそしていますが、
業界歴も5年そこいらで、そもそも「ネット世代」ではないover45です。

物語はハーバード大学の学生である主人公マークが
学生生活の中での思いつきで始まった「facebook」が、
思いつきゆえに、当人たち以外の人間が権利を主張し、
これを裁判で整理して現在の形となるまでのいきさつのドラマです。

これ以上でこれ以下でもない。そういう話です。

薄っぺらいと感じたのは、行間を読むような展開が全然ない。
つまり一貫として登場人物が心の中ではじつはこう思ってるとか、
裏をよむようなところがまったくない。

ドキドキハラハラもなければ、驚くべき場面もない。

そのあたりがいかにもオタクピープルや、ネット世代の
無味乾燥で、善悪よりも凄いことばかりにすがっていく、
そういう人間関係や生き方、そのまんまと言えましょう。

ネット世代にとってはこれが凄い作品なんでしょうか。
Twitterやファンの評で、絶賛してる若い人たちの感覚はおっちゃんには理解できません。

それこそみんな凄い凄い言うてるから、凄いと思わなくちゃいけない、
でないと仲間外れにされるとか、そういう心理が働いているのでしょうか。

ただどうしても作品中、僕が気になったのは、マークがfacebookを立ち上げる経緯に、
ハーバード大学の学生のいくつかの社交クラブに参加できないことに端を発していることです。

この学生社交クラブは将来のビジネスの栄達につながる人脈ができる場所で、
ハーバード大生でも裕福な家庭の子息令嬢が集うところで、
中産階級の家の子であるマークには縁がないのです。

この社交クラブのことはover45のアイビー・ファッション大好き世代は
MEN'S CLUBやTAKE IVYなんかで読んで憧れたので記憶にあるはず。

でも今や劇中のように、子息令嬢の飲んで騒いで淫行するだけの集まりに成り下がってるのもあながち遠くないイメージなのでしょう。

そういうところにじつに時代を感じました。

2010年12月14日 (火)

「その街のこども・劇場版」、みてきました。

私が応援している稲垣早希さんは仕事やプライベートの辛いことには、「死ぬわけじゃないし」と自分に言い聞かせて向き合っているのだそうです。

少し大袈裟でシュール過ぎるようですが、それは彼女の震災体験が裏付けになっています。

被災地のこどもたちは純粋な心ゆえに、傷ついた理由は死の恐怖や直接的な被害だけではなかったようです。

創作と実体験の境目も不確かな森山君とサトエリちゃんの「素」なやりとりが深いメッセージを伝えます。

今年、震災の日のTV放送は観ているのですが、ルミナリエに行くのをあきらめても、先行上映で観たくて、京都まで足をのばしました。

つくらない、つくれない演技のサトエリちゃんにも惹かれました。

震災をテーマにした作品としては心に響く秀作です。
本公開は1月。是非ご鑑賞ください。

2010年7月10日 (土)

「ねこタクシー」、観てきました。

TVドラマに魅せられて、待ちに待った大阪・心斎橋初日初回の上映に行ってまいりました。

老若男女、猫好きのかたがたくさんお見えのようでした。
みな一様に、ドラマのほのぼのした世界観にひかれてお出でになったのだと思います。

しかし、上映された作品に関しては、映画ゆえとはいえ、ちょっと大味すぎて、
TVシリーズのほのぼの感を期待していたお客さんには首をひねられる方は多かったのではないかと想像しています。

まだ原作小説を読んだことはないのですが、じつはそちらではTV編と映画の内容をつなげたような感じの作品のようなのです。
あ、逆か。
ようするにTV編は、主題歌のタイトルそのままにふわふわ、ほのぼのした、小説の前半部分。
映画はねこタクシーをめぐって自治体をまきこんだ問題になる、小説のクライマックスである後半部分にあたります。

だから、ほのぼのした雰囲気にひかれた観客には、本来のわくわくどきどきのクライマックスを押しつけられて、僕だけでなく、違和感はあったんじゃないでしょうか。
大味な展開は期待してなかったんじゃないかなあ。

小説も読んできたひと、小説からTV観ないで映画に来たひと、映画がねこタクシー最初のひとには
どう映ったのでしょうか、気になるところです。

またTVシリーズから通じて、キャスティングも、ロケ地もおんなじなのはもちろん、
協力されたタクシー会社もおんなじで、
実在する会社ゆえに、そこに配慮して結末は観客に想像させる、ぼんやりした終わり方になっています。
このあたりも、仕方ないとはいえ、消化不良な感じがあります。

そうは言っても、猫好きであれば、満足できる映像がいっぱいあったのではないでしょうか。
猫も犬も飼った経験もない僕と他の方は笑うポイントがちょっと違う感じがしましたから。(^^)

さて、この「ねこタクシー」という一連の作品は、
原作者から、本の装丁、ホームページ、TV、映画スタッフを、
とあるメディア向け人材を育成する専門学校の卒業生と在校生で独占してつくりあげています。

おなじとこいらへんで仕事している僕には、いまやそういう、デビュー機会をあたえてくれる学校があるなんて、なんともうらやましいかぎりにゃのだ。

追記:ところでこの作品、テレビと映画でスタッフ、キャスティング、ロケ地にタクシー会社がおんなじなのはしかり、
撮影された時期もおんなじなんじゃないかと思ったら、なんと平行制作されたらしい。
さっきはテレビ用、ここからは映画用と、現場で切り分けして撮ったのだそうな。

2009年4月21日 (火)

「鴨川ホルモー」、観てきました。

鹿せんべいほしくて、おじぎすること覚えた鹿なら、
こいつがモノをしゃべってもおかしくないんやないかと思える奈良。
鹿男あをによし」。

見えてないだけで、式神たちが足もとちょろちょろ走り回っていたって
さもありなんと思えてしまう京都。

小説でも相当面白いのに、
まさに京都を舞台に映像化した「鴨川ホルモー」万城目ワールドに
今度も見事に引き込まれました。
実際の学生寮などがシーンに盛り込まれ、
「小説よりリアル感が増した」という感想です。

吉田神社で裸踊りするシーン、神社側との折衝苦労したのやろなぁ。
境内の鳥居外に場所が若干変わってる。(^^)

でも「鴨川ホルモー」はスケールが映画向きですね。
ちょっとTVなら映像表現無理かも。

もし残る大阪を舞台にした作品「プリンセス・トヨトミ」も、映像化するなら映画向きかなあ。
鹿や式神のような魑魅魍魎的なものはないかわりに、
ものすごいセットをつくる必要がありそうですね。
町屋再生で頑張ってる地元の空堀のひとたちも待望してはるし、
大阪人として僕も期待しています。

「鴨川ホルモー」の小説には続編スピンオフ作品「ホルモー六景」があるけど、
今回の映画にもこれを基に続編作れちゃうかも、という下地もあった。
どうするかなあ?楽しみ。(^^)

「ピンクパンサー2」、観てきました。

個人的な思いですが、僕はMr.ビーンの映画は嫌いなんです。
知的ハンデのあるひとの行為を嘲笑している感じがして、笑う気になれないんですね。
みんななんともないのかなあ?

ピンクパンサーは素直に笑えます。
お笑いの街大阪に生まれて40余年、相当の免疫ができてしまっていて、
お笑いは好きですけど、ほとんど本気で笑うことがありませんが、
前作も、今回もピーター・セラーズではないピンクパンサーで、
声をあげて笑ってしまいました。

世界各国の最高峰の至宝をつづけて盗む怪盗トルネードを追い詰めるべく
国境を越えた探偵捜査団「ドリームチーム」が結成され、
そこにクルーゾー警部がメンバーに招かれる。
その直後、フランスのピンクダイヤ「ピンクパンサー」もまた盗まれる。

今回も捜査中にスリル満点奇々怪々な行動をする(といっても本人はいたって普通のつもり)のクルーゾー警部は、
またもフランスの恥となじられ、チームから引導を渡される悲哀を味わうも、
今回もポアロやコロンボもかなわない、見事な、奇跡の事件解決を導きます。

一話完結もので、単作として問題なく楽しめますが、
前作のパート1(2006年)を観ていれば、早々からツボにはまるシーンが待っています。
おすすめです。

ちょっと残念なのは、作品のことではないのですが、
なにか権利関係の問題で、前回はたくさんあった映画グッズはもとよりパンフの販売も中止になったことですね。
とりわけキャラクターが魅力なのに、どうしたのかなあ(-"-;

フォトアルバム

早希ちゃん、がんばれっ。

  • ロケみつ 稲垣早希のヨーロッパ横断ブログ旅

関どコ猛虎会。

Cereza関どコ。

ピラティスをはじめよう

認められたい。

twitteます。

Powered by Six Apart
Member since 07/2008