虎ditional ! Feed

2012年8月 5日 (日)

阪神復刻ユニ、語りまする。(9)―1935年型―

120805_130054今年のセ・リーグ「レジェンド・シリーズ2012」で着用されることになった、球団最初のユニフォームの復刻モノです。(・・・こ、買うてしもた・・・。)

阪神タイガースのユニフォームの胸文字や袖口、首周りに黄色のふちどりが施されたのは、
1970年代に入って、カラーテレビの普及に合わせてのイメージアップだと、そうずっと思っていました。

親父たちが見てきた野球は、白黒の写真の世界で、僕が知ってる江夏や田淵のデビューも白黒テレビの頃だったくらいなので、

タイガースの球団史に掲載される往年の選手たちのそのユニフォームの胸文字やユニフォームのふちどりが、まさか黄色が施されてたなんて、ホント最近まで知りませんでした。

白黒やけど、タテジマで縞やから、トラのつもりでやってきたんやと、普通に思ってたし、
黄黒帽子に合わせて、1974年から黄色のふちどりは採用されたんだと思ってたんですけど、

じつは黄色のふちどりはタイガースの最初のユニフォームからのデザインで、
資材不足でタテジマの生地でユニフォームが作れなくても、
濃紺の「まっ黒けユニフォーム」もしかり、
胸文字や帽章、背番号に黄色のふちどりこそ、
「タイガースの伝統」として、守り抜いて施してきたのであって、
むしろ黄色を使っていない時期のユニフォームのほうが「変わりデザイン」だったんですね。

写真のユニフォームはサプライヤーのミズノ製ですが、
帽子に関しては復刻帽子の頒布会ホームページで入手したものです。

最近のメーカーの仕立られた帽子はクオリティが高すぎて、
僕が思うところの世界観というか、時代観が違うのでノーサンキューです。
自己満足ですけどね。

2011年7月18日 (月)

#hanshin 若林忠志さんの特別展示を観に。

甲子園歴史館に若林忠志さんの特別展示を観に行きました。


70周年の大阪歴史博物館のタイガース展以来、
阪神球団は大量の主力選手を毎日へ引き連れていった裏切り者という、
昔のファンの思い込みへの迎合を捨てて、
若林さんのタイガースへの愛や貢献を正しく評価するようになったようです。


ただ今回の展示はちょっと薄っぺらかった。
少ない展示物の一つ一つは彼の功績を語る上で意味のあるものばかりではあるのですが、


たとえば、少し前に南海の鶴岡さんらと取り組んだ野球教室の記録映画とか、
同時に発売になった、若林監督率いるダイナマイト打線のゲームの映画を流してくれれば、
若林さんの肉声とその在りし日の姿は観る人に、もっとリアルに、
彼の人となりを伝えることができたんじゃないだろうか。


寄せ書きの色紙が数点あったけれど、若林さんのほかにたくさん
当時の球界のスターの名前があるのに、歴史館のスタッフは若いひとたちで、
読み取ることさえできなかったのか、
ちゃんとその御仁たちの名前を漏れなく列記すれば、
若林さんが球史に残る名選手たちとしのぎを削り合ったのがもっと伝わる。

とても意味はあるのですが、ちょっと残念な展示でした。

 


 


さて、話はまったくかわりますが、歴史館の帰りに、
かねてから、球場の近くにおいしいかつ丼を出す食堂があるとうわさに聞いていたので行ってみました。

20110718_01

えー。
これが並・・・


せやから、小でいいか?と聞いてきたのか・・・

2009年9月 9日 (水)

甲子園のレンガ。

まだ募集してんのかぁ。
予定数足らんのか、超えて欲張ってんのか?

じつは敷設されたらされたで、
割ったり、ペンキや油かけるような悪戯があるのとちゃうかと、気になってる。

2009年6月 7日 (日)

球団7,000HR Tシャツ。

7000tht

このバッター、金本のようなリストバンドしてるけど、

40代以上の皆さん。

これ、仏のゴローちゃんですよね。

僕、こんな写真見たことありますし。

 

掛布以外に「ゴローちゃん」とちゃんづけで呼ばれた、遠井吾朗。

「H」すけっち、わんたっち。

Mojistyle 少し前にも書いたけれど、今年の交流戦グッズに使われている、
ビジターの「HANSHIN」の「H」の文字が、
選手のユニフォームの胸に使われているものと間違って逆さになっている。

どうしてこんな単純な間違いが見過ごされて商品化し、
平然とお客様の前に出されてるのでしょうか。

 

交流戦での復刻モデルの「HANSHIN」は
現在通常の公式戦ユニホームのものと書体が違いますが、
1961年~2000年まで使用されていたほんまに伝統的なもので、
原型は阪神百貨店の紳士服テーラーの開発ではないかと、僕は推定しています。

 

細かいことやと思われるかもしれませんが、
仕事柄、デザイナーを気取る気はありませんが、
企業さんからの意匠ものを扱うので、僕らの場合、
こんな間違い絶対許されへんのです。

 

ほんま残念です。

2009年5月27日 (水)

すいか帽。

縦縞帽のこと、「すいか帽」とか言われてるらしい。

こんどの復刻モデルはニットの白地に、縞をプリントしたるみたいに見えるなぁ。
昔のは縦縞の生地やったけど。

今岡とか檜山とか関本とか、
生え抜きでずっと被ってたやつらが、やっぱししっくりくるなぁ。

2009年5月25日 (月)

2009年交流戦メモラビア。

交流戦グッズ、縞の帽子はやっぱし縦長のTH。
堂々の在庫処分で、メーカー救済かなぁ。

黒の帽子は新マーク。

 

応援ユニはホームモデルだけやけど、球団名タグのTシャツブランドの新製品。

 

タオルに、ノートなんかも出てるけど、

 

あ。
ビジターのHの文字が、間違ってるやんけ。

・・・あほちゃうか。(-"-;

2009年3月25日 (水)

「なんば線直通」なのに、

戎橋筋のナカヌキヤが閉店。
つまり、ミナミのタイガースショップも無くなったということ。

ファッションや応援のためのスポーツ関連品は
キタやミナミの街中で買うようなものではないという、
棲み分けが定着したということか。
甲子園で買いなさい、
キタやミナミに要るのは観光客のお土産程度でええということですね。

広島のタイガースショップもCLOSEしたみたい。
今現在の広島市民の関心は新球場でのカープの再出発で、
まさにKYな感じになってたのとちゃうやろか。

2008年11月25日 (火)

岡田彰布著「頑固力」、読みました。

ファンに媚びることなく、
スパっと野球人らしい話を書いたタイガース監督経験者は、
僕が知りうる限り、藤本定義さん以来ではないでしょうか。

13ゲーム差を追い上げ覆されるまでの苦悩が、岡田彰布が目指したタイガースが、本人の弁でしっかり語られています。
ファンみなさんもこの書で、今年のシーズンの成り行きをぜひ振り返り、こころに刻んでおいてほしい。
一タイガースファンに戻る岡田さんの話で。

もちろん公式BBSで、岡田批判ばっかしやってたひと、ぜひ読んでいただきたい。

2008年9月19日 (金)

ことしも、Remember 1973っ!

名古屋のどやらだけやと思うたら・・・。

フォトアルバム

早希ちゃん、がんばれっ。

  • ロケみつ 稲垣早希のヨーロッパ横断ブログ旅

関どコ猛虎会。

Cereza関どコ。

ピラティスをはじめよう

認められたい。

twitteます。

Powered by Six Apart
Member since 07/2008