Web屋、事始。 Feed

2012年12月23日 (日)

「Googleさんのいいなり」するのがWeb屋ですか?

今年の11月、ウェブエントリーズのお客様のサイトがさまざまなSEOを講じても
Googleの検索結果のしかるべき位置すら確保できない事態に陥り、
ウェブエントリーズもSEOを積極的なサービスにはしていないのですが、
あれこれでき得るお手伝いをさせていただいておりました。

12月になって急に状況が好転してやれやれでしたが、
どの施策が功を奏したか知りたくて調べていると、

パンダアップデートでもないペンギンアップデートでもないこの時期に
(Googleからの)アクセス数を激減して、人気のホームページやブログの管理者が嘆くという話がネットにいくつか見られました。

どうやらその原因はこの11月にGoogleがアルゴリズムのメンテナンスをしていたかららしいということがわかり、

推測するに、ウェブエントリーズのお客様のケースも、
Googleがアクセス数をカウントできない→順位の変動も起こりようがない
ということだったのではないでしょうか。

Googleのメンテナンスはこれまでも定期的なのか、ときどき行われて、
同様の現象はつど起きているらしいのです。

その仕組みを知ってか知らずか、この11月、SEOを生業とされている方は
「ほら、パンダやペンギンの対策してないと、こうなります」と謳い、
ちょっとした稼ぎ時だったようです。

会社でもSEOの専門書を買ったり、勉強会にも関心もって参加しました。
おかげさまで、腰の重かったサイト構築用のテンプレートの見直しが一気に進んだ次第で、べつに悪いことばかりでもなかったのですが・・・

 

ところで。

前回、内部SEOはもはやコーディングの一部であるとまで書いておきながら、
こんなこと言うのもなんですが、

Googleで検索にかからないようなサイトは商品価値が無い、
SEOを意識して、Googleの顔色をうかがいながら作るのがWebサイトという
いまのこの業界の風潮、そういう考え方はそもそも正しいのでしょうか?

じつは、そうじゃないんです。

Webデザインの手法がtableレイアウトがCSSレイアウトから変わったのは、
確かにこの流れを加速したのは、Google検索、
厳密に言うとその前にYahoo検索で情報を探すユーザーの習慣が一般化したことによるのですが、

その前にWeb標準、Webユーザビリティ、Webアクセシビリティという、
どの世代にも身体にハンディキャップのある人にも平等に閲覧、情報取得できるWebサイトを目指すという考え方があって、

たとえば目の不自由なユーザーがtableでレイアウトされたような、
見栄えだけの文章構造のないWebサイトでは音声ブラウザなどをつかっても
内容の読み取りが困難であること、

だからこそ見出しがあり、本文がある、文書としてのHTMLのあるべき姿にしよう。
だからデザインに関する記述は別個にしよう、というという方向性が、
コーディングをCSSレイアウトに移行させたのを忘れてはならないのです。

最近この仕事をはじめたかたは、実体験もなければ、教科書にも書いてないし、
誰にもそういうことを教わらないで来てるかもしれないですね。

 

また、当時はいまより業界の景気が良くて、
みんな、そんなことを考える心の余裕もあったのですが、
世の中不景気が進むと、私たちだって弱者だなどと言い出すようになるもので、
真に不自由しているひとたちの声が聞こえなくなるものです。

画像のaltに文章を詰め込んでも全文をGoogleのロボットが読むわけではない、
キーワードに扱われそうなものをあちこちコンテンツ内に書くのではなくて、
出現率なども計算することがSEOには欠かせない。確かにそうかもしれません。

 

でもSEOとデザインの見栄えだけを考えるのではなく、書くべきことは書いて、
文書構造をちゃんと意識して誰にもやさしいホームページをつくること、
至極当然なディレクトリ構造にすること、
それこそが、社会貢献だってちゃんとある、僕らの務め、
Web屋さんの社会的存在意義なんじゃないでしょうか。

事実、そういうホームページは閲覧も必然多くなるだろうし、
もともとWeb標準はGoogleの評価基準なはずなのです。

SEOが絶対とか、「Googleさんのいいなり」は倫理的にもおかしいことですよね。(もちろんGoogleさんにそのつもりはないのでしょうが)

 

そのWebサイト、ブラウザでスタイルシートを無効にしてみたら、
ちゃんと文書の論理構造になっているでしょうか。
あらためて、そういうことを気にしてつくっていきたいものです。

2012年7月 1日 (日)

Firefox Developers Conferenceに行ってきました。#fxdevcon

今年もFirefox Developers Conferenceに行ってきました。

 

関西のWebの勉強会シーンはここ1、2年くらいでかなり様変わりした気がします。

懇親会も以前は制作会社のひよこばっかりの「同窓会」色が強い感じで、
そういうこともあって、だんだん足が遠退いたのですが、

バイタリティの強いフリーランスの皆さんの牽引もあって、意欲溢れて意識の高い人が多くなり、
参加する価値が見出だせるようになりました。

 

SNSやtwitterで情報集めや交流が容易になったことや、
(僕もそこで交流がはじまったことが再び通うようになった縁ですが)

HTML5を筆頭に勉強や危急に対策すべき技術やサービスがここのところ猛スピードに進化しながら増えていることもあるでしょう。

「技術を学ぶ」だけでなく同業の方達の「考え方」や「人となり」も学べる機会にもなっています。
大いに刺激を受けることも少なくありません。

 

昔通ってた人たちは見かけません。
この雰囲気に合う人たちではなかったのか、勉強会の変容をまだ知らないのかもしれません。

いかなる業種も自社内だけのスタッフ交流では、様々な高みを目指すには情報不足で、
思い込みや妥協に陥りやすく、リアルに商材や取引先、会社の事情で交流の幅に制約がかかり、情報の道すらも断たれる場合もあります。

それだけに、とくに最先端技術であるWebならなおのこと、
社外同業者との人的交流の機会は可能なかぎり積極的に利用しないといけないと思っています。

そう、マタギキでは伝わる技術論もいい加減で語る人の自己解釈がはいるし、
それに、人の考えや心意気やらは第三者に語られても伝わらないですから。
ライブで体験するしかありません。

2012年4月 1日 (日)

いまからWeb屋、はじめられるか?

よく行く大きな本屋さんでは、いわゆるホームページ制作やWebデザインの棚が縮小傾向にあるのをリアルに感じます。
その昔のようにプログラム系の書籍たちがびっしり占拠しています。

試しにハローワークの求人も見てみると、まさにおんなじ状況です。

ソフトや無料サービスでWeb制作の知識のない一般の方でも、そこそこの見栄えのホームページなら、誰でも作って公開できる時代になり、
どこの制作会社も基礎たるホームページ機能にさらに不可できる何か、次の段階を求めています。

HTMLとCSSでホームページが作れるだけでWeb屋が開業できる、食べていける時期はもう終焉したのです。

ところで作るにおいては、プラスアルファでプログラムに走るのも理解できるし、
出来る人もまた不可欠なのですが、
プログラムにも旬やニーズがあることを知っておかねばなりません。

本当に求められている人材は、
お客様の案件に適切なプログラムをセレクトしてあげられる、
お客様と一緒にWebをして策を考えられる人間です。
Webを知らないひとは論外ですが、巧みに作れるひとというわけでもなく、

言わばどんな業界にも類して求められている能力です。

そういうひとになれるよう、在れるよう、僕もがんばってかなあきませんね。

2011年11月 3日 (木)

「カーネーション」

毎朝、出勤前に「カーネーション」を見ています。

コシノヒロコ、コシノジュンコ、コシノミチコ姉妹の母であり、
2006年に92歳で他界されるまで現役のファッションデザイナーであられた
小篠綾子さんの半生を脚色したドラマです。

前作のドラマ「おひさま」同様に女性が市民権を得ていくストーリーでもありますが、
洋装・洋裁に人生を捧げていく主人公・糸子や師である根岸さんのセリフに
元アパレル社員だった僕はかなり思い入れや刺激を感じたりしています。

このドラマの放映以来、コシノ姉妹がそれぞれにTVで見かけることも多くなっています。

「デザインは若い人のほうが感性が優れていて、よいものをつくる」

私たちデザインにかかわるものを扱う現場ではよく皆が口にし、耳にすることですが、
70歳前後でいまも自ら図案を起こし、生地を裁ち、針をとる現役デザイナーの三姉妹を見れば、
そんな理屈は根拠のない嘘っぱちであることがわかります。

彼女たちと同世代で交流もあるタケオ・キクチ、菊池武雄さんも、
仕事のほとんどを若いスタッフに任せていても、その出来に納得がいかなくて
自らデザインルームでひき直された菊池さんのデザインにはとてもかなわない
という話題もほんの最近聞いた話です。

またデザインというものはそもそも「思いつき」でするものではありません。
私たちが心を動かされるデザインは配色やレイアウトの規則性の美しさがあるからです。
その基礎は勉強すれば誰でも身につくものです。

仕事も芸術も才能ありきだということも、世間では皆口々にそういいます。

「自分の才能は努力で引き出すものである」とコシノヒロコさんはおっしゃいます。

私たちはできないことをすべて「才能」のせいにして、
本当は才能を引き出すための「勉強」や「努力」を厭っているのではないでしょうか。

そんなこんなを思い巡せて、襟を正そうと毎朝思うきょうこの頃です。

2011年1月27日 (木)

facebookの「姓名」「別名」のなおしかた。

探り探りアカウントを立てたもので、登録が終わって自分のページを開けたら、

「名前」と「別名」の表示が間違ってるし・・・ (- -;

まあまあ、あとから修正すればええわ、と思って

ネットで公開されている情報にしたがって、指定のページで書き換えを何度やっても、
これがちっとも直らない。 (-''-;

まるごとアカウントを削除しようとさえ思いましたが、欲しかったURLだったので手離すのは惜しいし、
実際削除しかけると、なんだかんだと削除しにくい仕組みにもなっている。p(-''-;

放っておくと、間違ってる表記でGoogleの検索にもかかってしまって、
さすがに落ち着かず、腰をすえてよく調べると
「姓名」や「別名」に関しては専用フォームで申請をして、
事務局で直してもらえるということがわかりました。

身分証明書のスキャン画像を添付する必要があるのですが・・・

僕の場合、約1日後から希望どおりの表記に修正がかないました。

原則実名のfacebookは、わがままな変更はすんなり聞いてくれないかもしれませんが、
悩んでおられるかたはお試しください。

facebookではいまのところ、なかなか友達に出会えません。
日本人のネットユーザーは匿名で言いたい放題したい、エラそばりたいひとが多いので、
なかなか馴染みにくいでしょうね。

でも、こっちのほうがそもそも正しい、人間的なコミュニケーションのかたちやし、
facebookが有効だ、みんなで楽しみたいってことになったら、
匿名な社会もなくなって、悪さも減るのになー。

2010年11月14日 (日)

Dreamweaverのスニペット機能。

HTMLを書くときによくつかう記述をあらかじめ登録しておいて、
必要なところにワンクリックで書いてしまえるというものです。

そもそも画像やテキストのレイアウトのパターンなんて数えるくらいしかないから、
全部登録して、適用したCSSをセットで使うようにすれば、
コーティング作業は劇的に軽減するかも知れません。

Dreamweaverの拡張機能を使えばスニペットのバックアップがアウトプット・インプットできるので、
キャリアや能力の差に関係なくみんなで均質なコーティングだって可能になるかも知れません。

2010年11月 4日 (木)

Ajaxが動かない。

4,5年くらい前は、「ホームページに、Flashとはいわないが、何かアクションつけてよ」と
お客さんに頼まれたら、もう少しjavascriptが書けりゃあなあと思ったものだ。

Fireworksが書き出してくれるボタンアクションでごまかしてたぐらいだ。

でも、いまはAjaxのフリーソースがあって、
ちょっとイかしたアクションもちょちょいのちょいで、
スクリプトなんか一から書けなくたってぜんぜんいいのができてしまう。
ありがたや、ありがたや。

ところが、あれやこれやとAjaxのソースを貼り付けていれば、
うんともすんとも動いてくれない事態に陥ったりする。

どうしてだろうと、いろいろ調べてみたら、
prototypeやら、jqueryやら、Mootoolsやら、その他いろいろ
基本になっているjsが、混在すると不具合が生じるようである。

相性関係までは調べてないのでよくわからないのだけれど、
それぞれの開発者がお互いのjsとの相性なんかきっと考えてるはずがないよね。

基本jsはprototypeだけ、jqueryだけ、
本来はそうやってつくるのが正しいに決まってるわね。

調子こいて、ぺたぺた貼ってないで気をつけようね。
お客さんになんでもできまっせなんて、安請け合いしないように。

2010年10月11日 (月)

奇人横行。

週一回ペースで、画像認証をスルーして、ブログに迷惑コメントがつく。

ついた記事のコメント受付を閉鎖すると、閉鎖してない最新記事へ遡られる。

対策はないかと調べてみたら、なんと過去に画像認証突破ソフトをネットで公開していたサイトがみつかった。
販促に便利、○通同時コメント可能だとか・・・

画像認証が販促の障害と考える神経がようわからん。

 

追記。

と、いうわけで最近の投稿ではコメントの受付をいたしておりません。
ほんまに残念で、悔しい限りですが、
こんな愚かな私のブログ記事にに思うところございましたら、ぜひTweetしてください。

よろしくおねがいいたします。

2010年9月10日 (金)

ホームページをめぐる情けない話。

クライアントがIE6やIE7で見てるから、それに合わせて後方互換なサイトをつくって、
IE8や他のブラウザなら見栄えよい、愉しい仕組みを諦めるのって、やっぱし納得がいかん。

ホームページはクライアントではなく、お客様に見て愉しんでもらうものだ。
お客様に新しいものを提供していくことは企業の使命じゃないのか。
自分たちもブラウザのバージョン上げて、お客様といっしょに新しいことを愉しむべきじゃないのか。
共感しないでお客様のニーズなど、つかめようか。


ということを言えないで、いつまでも及び腰でいるから、
Web屋はいつも安い儲けでしんどいことばかりするハメになる。

2010年6月20日 (日)

ネットの大罪。

好きな事を次々クリックして進んでいくと、
知らなくていいことまで、かなり生々しくわかってしまうことがある。
あぁ、ため息・・・
Web屋ながら、こんなときネットなんか要らんと思うてしまう。

フォトアルバム

早希ちゃん、がんばれっ。

  • ロケみつ 稲垣早希のヨーロッパ横断ブログ旅

関どコ猛虎会。

Cereza関どコ。

ピラティスをはじめよう

認められたい。

twitteます。

Powered by Six Apart
Member since 07/2008