Web屋のうんちく。 Feed

2013年2月 4日 (月)

iPhoneの「メール」にGmailを設定する

au iPhoneユーザーです。

数日前から突然、エロサイトの閲覧について会員登録がまだだとか、
退会手続きをしろだとか、10も20もezwebのアドレスにメールが来るようになりました。


うん、確かに見てしもた。笑


あ、世間の男性諸兄に申し上げますが、ご安心召され。
少なくともサイトを見ただけで、運営側にメルアドを取得されてしまうなんてことは
絶対ありえません。

お手持ちのパソコンやらスマホやらの機種を特定する情報付きで脅してくるメールもありますが、
お手持ちのパソコンなりスマホを開けば、そこで情報を自動的に表示するように仕掛けしてるだけで、運営側が把握しているわけではありません。
そんな仕組みは簡単につくれます。

だから、そんなメールが来たって無視無視。
だいたいまともなメールならわけのわからないアドレスで送ってくるはずがない。


で、話が脱線しましたが、それでもうっとおしいのでなんとかしたい。
これを拒否るには「本文にURLリンクがあるメール」を迷惑メールフィルタで遮断するのが
一番有効かと思います。

でも、会員登録やらで認識メールを受けないといけないこともある。

僕の場合、桜 稲垣早希ちゃんのブログ旅の9時、3時の投稿を更新情報でキャッチして
コメントして彼女の行程や宿探しをたすけないといけない。笑

ということで、「本文にURLリンクがあるメール」はGmailで受けて「メール」に設定することにしました。

iPhoneのメールには既存でGmailアカウントを設定できるようになっていますが、
これはiOS5から、受信しても「ポーン」と音やバイブ知らせてくれなくなりました。

これを可能にするのは「microsoft Excange」でGmailを設定すればよいのです。
注意点は「ドメイン」は無記入でよいのですが「ユーザー名」欄にGmailのアドレスを入力すること。
「サーバ」欄に「m.google.com」を入力して、
「メール」をONに。スケジュールや連絡先はOFFにする。

これで、Gmailを通常メール同様に受信できるので、
「本文にURLリンクがあるメール」の受け答えになるものはGmailアドレスでやりとりすればいいのです。

ところで、最近Googleは2段階認証になったので、
上記の手続きで終わると正しいパスワードを入力しているにも関わらず、
「不正なパスワード」のアラートが出まくります。

それに関しては以下で「専用のパスワード」が発行されますから取得して、入力して下さい。

https://www.google.com/accounts/UnlockCaptcha

(Googleにログインしている状態でアクセスして下さい)

入力後、最初の一回だけ「不正なパスワード」のアラートが出ますが、あとはOKです。

(2013/2/4 現在)

2012年11月29日 (木)

これからのSEOって。

ここのところ立て続けにSEOのお仕事をされている方々のお話を聞ける機会がありました。

 

拙筆ながらそのお話の数々をうけて、私が思うところを絡めて書いておこうと思います。

 

SEOに関しては、検索で「強制的に上位表示させる」の施策で、
とくに営業やディレクションをしないデザイナーやコーダーは、
上位表示したいと思ってるクライアントさまだけの話で、自分には直接関係ない話だとか、
アコギなことをするクライアント様だとかさえ、思ってたりはしませんか。

 

じつは、これからはそういう認識では通用しないのです。

 

今年、Googleは「パンダアップデート」、「ペンギンアップデート」という
検索エンジンアルゴリズムのアップデートを実施しました。

 

なぜパンダやらペンギンやらは、彼らの体色から「白黒つける」という意味なのだそうですが、
(ほんまかいな?)

 

「パンダアップデート」はサイト自体のクオリティを評価し、
「ペンギンアップデート」は外部リンクを評価するという内容です。

 

「ペンギンアップデート」で、無関連なサイトとの相互リンクによる上位牽引をするようなサービスは葬り去られることになり、
その他きな臭い感じのする外部サービスはみんな、お先真っ暗といった感じです。

 

しかし「パンダアップデート」のほうが唱えている、サイト自体のクオリティ評価は、
上位牽引の施策を睨まれるだけでなく、とくに意識しないで作ってきたホームページも、
これまではなんとなく居れた検索結果のポジションにすら居れなくなって落ちてしまう可能性もあるのです。

 

だから営業やディレクションをしないデザイナーやコーダーも、意識する必要があります。

 

何か極めて難しいことを求められているわけではないのです。
まずは、より正しいコーディングをして、至極当然なディレクトリを組むということ。

 

いまやどこの制作会社も個人も、制作物には何らかの内部SEOをしているでしょうから、
いま一度、制作テンプレートなどを見直すべきでしょう。

 

基本的な内部SEOはコーディングの基本、コーディングの一部になってしまったのです。

 

また、クライアント様や制作サイドはビックキーワードでサイトのトップページがGoogleに上位表示されたら、この仕事は成功だったとか、
とくにSEOをサービスにしていないのに、上位表示されないと制作サイドがクライアント様からの評価を下げるとか、
そういう次元の話もお互いに脱する必要があります。

 

ビックキーワードでサイトのトップページがアクセスされても、
要件の絞り込みがないユーザーの購買意欲はまだ全く低く、
たくさんのお客様がお店の前まで来てもらっても、ショーウィンドウも見るか見ないかで引き返していくようなもので、
一喜一憂などしててもあんまり意味が無いかも知れません。

 

また自身の検索行為に照らせば、ホームページはトップページから見られているわけでないことはわかりますし、
すぐ答えがほしくて検索してたどってくるユーザーにさらに2度めのクリックは、果たしてどのくらいあるでしょうか。

 

ビックキーワードで大手やライバル会社との真っ向勝負にエネルギーを使うよりは、
他社にない自社の特色などを際立たせて、そのニーズで絞り込んで集まってくるユーザーを
確実に顧客化することのほうがとても大事なのではないかと思います。

となれば、クライアント様がどんなキーワードで上位表示させたいかは、
SEOが制作サイドの独自判断やら、小手先のテクニックでどうにかなるものではなく、
クライアント様と制作サイドがともに取り組まないといけないということでしょう。

いずれにしても、SEOはもう曖昧にしておけなくなったのは事実ですね。

2009年9月24日 (木)

「Yahooメール」にメールが届かない。続報。

少し前におんなじタイトルで投稿したわけですが、
その症状が、知人や友人によって異なることを知るうちに、
自分のYahooメールの設定を疑ってみたくなったんですね。

そうしたら「メールの設定」のなかに
「迷惑メール対策」の「受信拒否」ってページがたどっていけばあるわけですが、
そこに「受信拒否」と「受信拒否候補」の一覧が左右にあるんですよ。

受信拒否なんて、設定してないと思ってるから無関係だと見ないでいたら、
結構立派な数がリストになってるんですよ。

「迷惑メールフォルダ」に入ってきたメールを確認もしないで、
「空にする」ばっかりやってると、リストアップされていくんですよ。

自分にとって大切なメールが何かの拍子に迷惑フォルダに入っちゃうことが
じつはよくあることで、経験されてるかたも多いと思うんですけど、
そりゃ、しばらくYahooメール見てないで、50やら100やら迷惑メール溜まってたら、
捨てちゃえって、やっちゃいますわね。

で、いつのまにか大切なメールが来なくなっちゃうんですよ。

いやーびっくりしましたよ。
受信拒否に親友やら大切なひとのん、気にして待ってるメール情報、
自分の会社用はおろか、携帯も、しかもこのYahooアドレスまで入ってやがったんで、驚きましたわ。

しかも、出してくれたほうの相手には「送信できませんでした」と通知されるわけでもないから、
ビジネスの取引先や、プライベートの人間関係もおかしくしかねない。

追記。
リストから削除しても、迷惑フォルダで受信が再開しますから、
しばらくは要チェックで、受信したら、「迷惑メールではない」で解除すること。

自分で発信できるアドレスは早々に作業して解除することです。

何にしてもメンドくさい。

追々記。
「受信拒否リスト」で削除したら、必ず設定変更の保存ボタンを押し忘れないこと。
で、ないとリストは更新されていないことになる。
左側の拒否候補リストで見つけた場合はまず右のリストへ拒否リストへ移して、削除・保存すること。

ほんま、メンドくさい。

2009年7月27日 (月)

もっと声を大にして理解をもとめるべきWebの常識。

そもそもホームページは印刷用にはつくられていないものである。
画面通りに印刷されないのが普通なのである。

画面通りに印刷できるページは、印刷を可能なように
制作費をさらにつぎこまれて作られているのである。

どうしてそんな「常識」をもっと声を大にして、
この業界は伝えようとせえへんのやろか。

5年ほどまえのホームページはtableという、
エクセルのような表を最初にこさえて、画像のパーツや文字を
おせちか折詰弁当のように枡枡に詰めていく構築方式が一般的だったので
偶然にも画面通りの印刷ができただけで、いまの主流のCSSという、
デザインを相対位置の数値で決めて行くような作り方は
基本的には印刷することを念頭にすすめられない。

CSSで構築をするのは、Web屋の都合ではなく、
制作を発注するお客さんがYahooやGoogleで検索上位を求めることに
むしろ大きな理由があることを、
それが印刷できることより優先したいのとちゃうのですか?ってことを
わかってほしい。

僕らももっと大きな声で何べんも言うて回らなあかんやろ。

 

ページが公開されて

「Yahooで検索で出てけぇへんやんけ!」

とか、そんないきなり不可能なことで怒られんように、
事情をもっと理解してもらわなあかんよね。

しかも、検索1位になったからといって
そこから先、商品やサービスに注文が来るか来ないかは
お客さんとこの社員やスタッフでもない僕らの責任やないということも。

もともと商品力やサービス力があり、お店や会社として戦略もあれば、
自然みんなが探すから、検索上位になるということも。

しかしどうしてなんやろね?商品が売れんとか、お客さんが来ないのを
チラシつくった会社のせいにはせえへんくせに、僕らWeb屋にはアタるねやろ。

2008年7月19日 (土)

いちおう、弁護しとく。

そもそも「関どコblog」は無料のサービスやったんやし、
打ち切りになったって僕ら文句言える義理ないし、
ましてや株主が客の面倒見るの名乗り出てくれたんやから、

機能が使いにくいやんけっ!(怒)とか、
移行してきた写真、おかしいやんけっ!(怒)とか、

eoブログが言われるの、筋違いですよ。

株主がお客救う会社なんか超例外ですよ。普通はまずない。

多少状態に問題があっても僕らのデータ、廃棄されんように守ってくれて、
わざわざ移行作業までしてくれたことにありがとうと思わな。

球団手放した近鉄が悪いのに身請けしてくれたオリックスに
文句言うてる元近鉄ファンとおんなじやんか。

ま、でも、自分ら何の損も被ってないのにいっしょになって文句言うてる
阪神ファンみたいなやつが出てきてないだけますですけど。

2008年7月12日 (土)

Type Pad。

My_image eoblogは「Type Pad」というブログシステムを
そのまんま使っている。

Web屋にはなじみのあるMovable Typeのシックスアパート社が開発した、いわばMovable Typeのブログ機能だけに特化したようなもんだ。
事実、Type Padそのものは個人でシックスアパート社から買える。

Web屋には見慣れた体裁のシステムやけど、
一般のかたが、とりわけ「関どコ」はやさしく使いやすく出来ていたから
そこから移籍してきたかたには別モノの感すら覚えても不思議ではない。

eoblogはブログシステムを全部シックスアパートまかせにするのは、
シックスアパートがいちおうブログシステムの分野では
世界的な最大手であることで、
システムのメンテナンスも技術的進化に伴うバージョンアップも、
システムはシステム屋にまかせて、
eoblog事務局はお客様接待に徹したほうが賢明と考えたからだろう。

確かに使い勝手の簡単さは無くなってしまったが
嫌味なコメントも承認制で非表示で削除することができるばかりか、
IPで書き込みする相手のパソコンまで特定できるから、
おおよそ完全にシャットアウトすることができる。

これはたぶんbloggerには使い勝手の簡単さより価値があるに違いない。
だいいち不快なコメントが嫌で
皆ブログからmixiやらSNSに流れていってるのも事実。

自前でシステムのこともお客様のことも
いっぺんに面倒みなあかんかった「関どコ」のサービスは
しんどかったろうと思う。

僕はといえば、「関どコ」で設置してたブログパーツはまだ復元しきれてないし、
ページデザインもアリモノを使ってるだけやけど、
しばらくこれでいってもええかなと思うてる。

そもそもWeb屋のblogやねんし、
Web屋仲間に伝えたいこと、もっと伝えていきたいし、
とらblogger、桜狼blogger気どりしてるページデザインも
どやねんって気分。
僕より両チームに熱いこと書いてるひとらに失礼やしね。

それにしてもスキン(ページデザイン)の着替えに魅力がない。
なんやかんやいうても「関どコ」blogの後継やねんから、
なんかこう関西らしいデザインとか、もっと普通のんないんかい?
外資系のシックスアパートらしい、欧米人趣味なデザインばっかしやし、
日本人趣味、関西人趣味、用意してえや。

2008年6月 2日 (月)

ありえへんやろっ!(怒)

Z29egh9v 関どコのいろんなサービスが終わるのはしゃあないとしても、
kansai.comのアドレス使われへんようなるなんて、
ア○かぁ!ありえへんやろぉ!
なんで、ドメイン継承でけへんねや。

2008年5月30日 (金)

合併なんやそうですけど、

Z29egh9v 「株式会社ケイ・オプティコムと株式会社関西どっとコムは、
平成20年5月29日(木)合併契約書を締結いたしました。」

「株式会社関西どっとコム」が合併消滅はするけど、
要はkansai.comのドメインが継承さえされれば、blogは問題ないんですけどね。
たぶん継承しはるやろ。

まともな親会社ばかりなので、そない心配していません。
どうなるかも貴重な体験。

2008年2月23日 (土)

Dreamweaver。

錦織(にしこり)圭がテニスの世界大会で優勝した。

少年隊のニッキの錦織は「にしきおり」で、
羽曳野にある公園は「にしこり」公園で、
大津には「にしこおり」という場所があるし、
確かむかし職場には「にしごおり」と読む仲間もいてました。
「にしごり」さんもいるらしい。

要は「にしき」+「織り」のナマりなんですけど。
なんでも調べてみたら聖徳太子の時代に日本にやってきた
渡来人の織物職人たちがご先祖らしい。

錦といえば、きりきらした光沢のある和装の織物の総称ですが、
「故郷に錦を飾る」なんて言葉がありますから、
さしずめ「夢」の代名詞みたいなもんでしょうか。

ということは、錦織は英語でDreamweaverということになります。

Fireworksは「花火」です。

Illustratorはイラレとか、Photoshopはフォトショと呼ぶかと思えば
Dreamweaverにも苦し紛れ気味に「ドリビ」とか
・・・どこがビやねん?・・・
「ドリ」とか呼ぶ輩がウチの業界に多いですね。

コンセンサスとかフィックスとか
なんでも横文字用語使いたがるくせに、なんでソフトについては
テンロクかタニキューとかマクドみたいな
大阪風な略語にするんでしょうか。

そういう言葉つかうひとに聞いてみたい。
Fireworksはなんでファイヤーウォークスのまんまなんですかね?
「ふぁやわ」とか言うてください。「ふぁやわ」って。

どうせなら絵描きとか写真屋とか花火とか
それこそ「にしこり」とかのほうが大和魂感じますけどね。

ケータイ入力。

最近は製造番号を照合する「かんたんログイン」なんてのが
出てきてますけど、
ケータイページのフォームの入力はしにくいですよね。
とくにケータイのメルアド入力するのが。
パソコンのオートコンプリート(過去に入力した内容がぶらさがって表示されるアレ)
本体そのものを無くしたりで、他人に使われる危険性もあるから、
無理やろけど、あったらええのになあ。

むかしiモードなんかでは、電話番号でメール出来たけど
便利でしたよねぇ。なつかしいなあ。

最近はパソコンでもケータイでも見られるサービスもありますが、
パソコンで英字を含めたパスワード作ったら、
ケータイのダイヤルのテンキーでは伏せ字の英字は打てません。
これは制作する僕らWeb屋のユーザーへの説明、配慮が足らんのやと思うけど。

フォトアルバム

早希ちゃん、がんばれっ。

  • ロケみつ 稲垣早希のヨーロッパ横断ブログ旅

関どコ猛虎会。

Cereza関どコ。

ピラティスをはじめよう

認められたい。

twitteます。

Powered by Six Apart
Member since 07/2008